◎昼営業「たまに茜や〜新茶を楽しむ」開催します 2017/05/10

Img_c2f35ffb7ee535eddbf5a76ae810e100
撮影/白井由香里
お待たせしました。2017年の新茶が届きました!
寒い日が続いた今春、新芽の伸びがいつもよりも遅かったと聞いています。
届いた茶葉を見て、ここまで成長するのにどんなにか大変だったろう、
もしかしたら全体の収量も少ないのかも・・と思うと、一葉一葉がとても愛おしく、そしてこうして手元に届いてくれたことに、ありがとう、という気持ちがいっぱいです。
さっそくみなさまより一足先にいただいてみましたが、「ああ、これぞ新茶の味だ~!」と青々しく若々しい香りと味わいに嬉しくなってしまいました。
大切に育てられた新茶です。しっかり美味しくいただきたいと思います。
そしてそして・・せっかくの新茶、みなさんに味わっていただきたいと思いますので、今週末は久しぶりの昼営業「たまに茜や」をやろうと思います。お越しをお待ちしております。

★たまに茜や〜新茶を楽しむ
開店日/5月14日(日) 14時〜18時(ラストオーダー17時30分)
場所/茜夜(千代田区飯田橋3-3-11-2階)
※今回のメニューは新茶(掛川産深蒸し煎茶)+干菓子のセットのみとなります。

※「たまに茜や」は、茜夜が不定期に開催する昼のカフェ営業です。
夜の営業は通常通りです。
「いちばんおいしい日本茶のいれかた教室」の2017年4月開講生、募集中です。詳細は→ (Click!) 

◎おかげさまで茜や10周年です。 2017/02/05

Img_971bad119d3897356988501cc71c9200
Img_e2b4b1ce3fc5069530cb8bef2dacabc5
冬ごもり中の茜夜ではありますが‥
本日2月5日にて、茜やは10周年を迎えることができました。
福岡市薬院のマンションの一室ではじめた小さな日本茶カフェ・茜や。地元・静岡のお茶を九州の方にも飲んでもらいたい気持ちと、自分自身が美味しい静岡茶を飲みたいという気持ち‥実はそちらのほうが大きかったかもしれません。
その後、神楽坂6丁目の古いアパート、袋町の古民家、そして飯田橋の小さなビルと場所を変えつつ、その都度長いおやすみをいただきつつも気がつけば10年間という月日をお店とともに過ごしてまいりました。
カフェの一角を事務所とするスタイルも最初から変わりません。そのため、本業が忙しい時期や寒い暑いだのと不定休になることも多々。
それでも、みなさまの温かなお気持ちにいつもいつも甘えさせていただき、支えていただき、なんとか今日という日を無事に迎えることができました。
私自身もお店も相変わらず成長していませんが、たくさんの出会いは私の宝物です。
そして今後とも、末長くお付き合いいただけますと嬉しいです。
薬院時代の写真を‥と探したらありました!私も10年分若いです(笑)。イベントも色々やりましたねぇ。懐かしいDMたち。
これまでもこれからも、常に寄り添ってくれるお茶と一緒に、ゆるやかになごやかに茜やと歩んでいけたらいいなと思っています。
ありがとうございます。

2017年2月5日
日本茶 茜や+お茶とお酒 茜夜
店主 柳本あかね